NICARAGUA通信


昔 昔 あるところに…

『因幡の白うさぎ』というお話を知っていますか?

むかしむかし、因幡の国の白うさぎが浜辺で遊んでいました。
対岸の隠岐の島に渡るために、何かいい案はないかと考えていた白うさぎはサメたちに声をかけます。
「サメさん、サメさん。あなた達の仲間の人数を数えてあげるから、一列に並んでくださいな006.gif。」
白うさぎは、サメの背中をとんとんと飛び跳ねながら隠岐の島に渡りました。
だまされたことに気づいたサメたちは、白うさぎの毛を全部むしってしまいました031.gif
全身の痛みで苦しみながら大泣き007.gifしている白うさぎの元に、大黒様がやってきました。
話を聞いた大黒様は、白うさぎが自分のしたことを反省しているのを知り、こう教えてくださいました。
「蒲の花を摘んできて、その上に静かに寝転がってごらんなさい。」
すると途端に体の傷は治り、白うさぎは元通り元気になったのでした。
http://www.izumooyashiro.or.jp/kamigami/inaba/index.html

このお話は私の愛する鳥取が舞台になっているのです。
実際の話はもう少し長いのですが、簡略化してペープサートで子ども達に紹介しました。
教頭先生と担任の先生と分担して紹介したところ、子ども達に大うけ。
先生達も満足。
a0104357_142299.jpg
a0104357_144080.jpg
a0104357_145830.jpg

お話が終わったあとには、先生がどんなお話だったのかを復習してくれました。
次回はイソップ童話に挑戦します。

その後、みんなで『大きなくりの木下で」を歌いました。
「くり」はニカラグアには存在しないので、かわりに「マンゴー」にしました。体全体を使って、ちっちゃくなったり、おっきくなったり・・・。
a0104357_162393.jpg
日本の文化紹介もさることながら、具体的なものを使ったり、体を動かしたりしながらのほうが子ども達の興味も引きやすく、理解もさせやすいということを伝えたかったのですが、先生達も子ども達の反応からそのことを感じてくださったようです。
[PR]
by chiyoism10 | 2008-04-06 01:12

<< 意外な組み合わせ      NICAの保存食 >>

JICA青年海外協力隊平成19年度1次隊でニカラグアに派遣・活動中です。隊員活動や任地の様子についてつづっています。
by chiyoism10
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
Skypeボタン
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧