NICARAGUA通信


刹那に生きる

ニカラグアに限らず、途上国の『ごみのポイ捨て』は大きな問題のひとつであるはず。
環境教育隊員のみならず、多くの隊員が『ごみはゴミ箱に』と呼びかけているけれど、根本的な考え方として『なぜごみをゴミ箱に捨てなければならないんだ』ということの理解から始めなければならない。

通りでイベントがあれば、必ず大量のごみが残る。
授業が終われば、必ず教室にお菓子のごみが落ちている。
大型バスの窓から、外に向かってごみを捨てる。

こういった光景にはやはり慣れることはできない。
それに、慣れたくないと思う。

とは言え、子ども達は掃除をするのが好きだ。
まぁ授業時間を使って掃除をするので、勉強するよりはましだと思っている可能性も大きいが。
でも一生懸命ごみを集める子ども達を見ていると、
「平気でごみを捨てるのに、一生懸命ごみを拾っている・・・」
と、いつも不思議な気持ちになる。
因果関係がわかっていないのか、
お菓子の袋を破るときにはごみのことを思い出さないのかはわからない。
でも、根気強く続けていくしかないのだろう。

『先を見通した行動』の難しさは、生活のいたるところで感じられる。

a0104357_3255897.jpg

[PR]
by chiyoism10 | 2008-05-16 03:37

<< Derecho sexual      Fiesta Deportiva >>

JICA青年海外協力隊平成19年度1次隊でニカラグアに派遣・活動中です。隊員活動や任地の様子についてつづっています。
by chiyoism10
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
Skypeボタン
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧