NICARAGUA通信


ここはニカラグアなのか!?

今日、初めて私立の学校に授業見学に行ってきました。
私達が派遣されるのは公立の学校で、
私立の学校とはこれまで研修で先生方と顔を合わせる程度でした。

さてさて、私立の授業とはどのようなものなのか・・・?
興味津々013.gifで、行ってきました。
a0104357_6285232.jpg

子ども達の持ち物、
ノートの使い方、
学習規律。

すべてが違うっ!

a0104357_6331235.jpg
子ども達に教具を渡しても、遊ばずにちゃんと学習活動の一環として扱っている!038.gif
これは普段から学習規律が徹底されている証拠。
もちろん小さな子ども達は集中力も続かないし、
ついつい遊んでしまいがち。
それでも1時間を子ども達にとって有意義なものになるような工夫と、その成果が見られた。
1クラスの人数も少なく、先生の目が行き届きやすい環境というのも魅力的。
子ども達も自分のノートや宿題をきちんと見てもらえるということを前提に学習に取り組んでいる。
そして、もちろん家庭の協力もある。これは大きい。
a0104357_6385348.jpg
環境によって、こんなに違うものなんだと改めて実感。

でも、だからといって公立がだめなわけではない。
公立にも、大人数に対応するために授業にいろいろと工夫をする先生はたくさんおられる。
1時間の授業中、何度も何度も机間指導を繰り返す先生もおられる。
そういった先生方の努力が、子ども達にもよい影響を及ぼしているはずなんだけれど、
なにせ出席の安定しない実情では、問題も山積み。
私立の学校であればすでにそろっている条件が、公立の学校ではその前段階から取り組んでいかなければならない。

でも、いや、だからこそ、やっぱり公立の先生をサポートしていきたいなと思う。
ゆったりとして余裕のある私立の学校も魅力的だけど、
自分の居場所は、やっぱり自分の学校だなと思える。
そう思わせてくれる子ども達と先生に大感謝。

P.S. すぐにでも使いたいアイデア
a0104357_651018.jpg

空き箱やお菓子の袋を再利用して、掲示に活かす。
立体の学習、色の学習、お金の学習、買い物を想定した活動・・・、
いろいろな学習活動に活かせるこのアイデアは、ぜひ取り入れたい!
[PR]
by chiyoism10 | 2008-08-12 06:55

<< ギャップの大きい非日常      私にとっても学びの場 >>

JICA青年海外協力隊平成19年度1次隊でニカラグアに派遣・活動中です。隊員活動や任地の様子についてつづっています。
by chiyoism10
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
Skypeボタン
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧