NICARAGUA通信


うわさの陸の孤島・訪問

NUEVA GUINEAに行ってきました。
ここは、ニカラグアの反対側。任地からの移動時間、7時間半。
愛すべき同期隊員の活動見学算数研修会の実施文化紹介のお手伝いに行ってきました。

1日目。 算数研修会。
算数教育が見直され、教科書が普及されているとは言え、実際に現場で働く先生方へのサポートがないのは、地方に行けばいくほどひどくなる。
そこで今回の出張研修会。
a0104357_241158.jpg

私が担当したのは3,4年生の先生方への研修。
3時間みっちり使ってよいということで、もりもり内容を盛り込んでみました。
a0104357_242693.jpga0104357_2423586.jpg












平面図形パズル、立体図形の簡単な作り方、小数を間違えずに扱う方法、そしてその教え方、最後に分度器の使い方、分度器とコンパスで正三角形を描く方法・・・。
途中、先生方のほうから「休憩は必要ない。続けてほしい」という声が上がったのは嬉しかったなあ。
初めて出会う先生方に、ニーズも理解度もよくわかっていないまま研修をするというのは少なからず不安があった。
それでも私の説明を一生懸命に聞いてくれ、『もっと知りたい』『もっと時間がほしい』と言ってくれる先生方がいるからこそ、私はがんばれるのだと思った。
自分の伝えたいことを受け止めてくれる人がいる。
ここに私を必要としてくれる人がいる。
それが私がここにいる意味。


2日目。日本文化紹介。
2人の隊員が活動しているNueva Guinea。
同期隊員と同郷隊員(つまり、もう1人のとっとり国際大使だっ!)。
彼らは、自分達が楽しみつつも、子ども達や青少年がいろいろなもの(例えば異文化)に触れられる機会を作りたいと、精力的に活動を続けている。
小さなイベントを各地域に出向いていって行うことで、田舎に住んでいるためにそういった機会を逃させたくない、という考えには納得。
私には考え付かなかったアイデアだ。刺激を受ける。
プチ文化紹介では、歌や紙芝居、ダンスなどが盛り込まれ、隊員が普段関わっている青少年達も楽しんでくれたようだ。
a0104357_2583199.jpg

参加者全員に振舞ったコロッケは大好評。
(コロッケが日本食かという疑問を乗り越えて…)
a0104357_302455.jpg

古紙折り紙で作った紙コップをコロッケの受け皿にするアイデアもなるほど!
「材料不足」、「再利用」、そして「日本の文化に触れる」という条件を満たしている。
たくさんの刺激と自分では出せないアイデアに出会えるのは、隊員任地訪問の醍醐味だ。
a0104357_33988.jpg

最後は『世界にひとつだけの花』スペイン語バージョンで締めくくり。
この歌はどこで歌ってもニカラグア人に大人気。
メッセージもすばらしく、ギターに合わせて歌うことで心にも残る。
(CDがほしいという声も・・・!?、いやホント)
とっとり国際大使(写真の彼)が伝えた
『一人ひとりが大切な存在なのだから、自分を大切にしてほしい』
という言葉は、子どもにも大人にもちゃんと響いていた。

一度イベントを企画したことがある私は、イベントの準備が以下に大変がわかる。
それも何度も繰り返していくというのだから
2人の大変さは想像以上だろう。
それでも「やろう」と思えるのは、
がんばったあとに何が残るかを知っているから。
一生懸命になれる相手がそこにいるから。
そんな2人の輝く活動っぷりに影響を受け、やる気満々で職場に戻ったら、
テストが始まり、私の出る幕なし。
びっくりするわ。
[PR]
by chiyoism10 | 2008-09-06 03:09

<< これまでで最悪      ことわざは、生活に影響を及ぼさず >>

JICA青年海外協力隊平成19年度1次隊でニカラグアに派遣・活動中です。隊員活動や任地の様子についてつづっています。
by chiyoism10
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
Skypeボタン
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧