NICARAGUA通信


『きっかけ』を作る人

お隣のChinandega県Guanacastal地区に出かけて、
プチ文化紹介イベントをしてきました。

市内から2,3kmと聞いていたけれど、なにがなにが!
a0104357_551231.jpg

こんな川を越えて、たどり着きました。

そもそもこのイベントをすることになったきっかけは、
趣味で始めた路上ライブ活動(その名もNICAPON)を見ていたニカラグアのNGO団体から、『一緒に仕事をしたい』とスカウトされたのが始まり。
この地区の生活の保障や活性化のサポートに取り組んでいるこの団体、住民のモチベーションを高めるきっかけがほしいということで仕事を依頼されたのです。

小さな小学校に住民を集めて、さあイベントの始まり!
① 世界地図を使って『日本ってどこにあるの?』『どんな国なの?』
  というところから知ってもらいました。
② 日本の文化…特に文字の成り立ちについてクイズを交えながら学びます。
a0104357_5572390.jpg

「牛」「馬」「魚」などの文字も、成り立ちを想像しながらそういう意味の感じなのかを考える…。
大人も子どもも結構ノリノリ。

「私、もう日本人じゃ~ん。」
なんて冗談交じりに言う人も出てきたりして。
a0104357_6165780.jpg

③ NICAPONライブ
  この日もスペイン語と日本語とを交えながら数曲披露。
  メッセージ性の高い「世界にひとつだけの花」は、
  どこで歌ってもみんなが好きになってくれる。

④ よさこいソーラン節
  8人でよさこいを披露。
  小さい舞台だからこそ観客が間近に感じられて、大きな舞台にはない緊張感がある。
  NICA人から「一緒に踊りたい」という声が上がり、急遽一緒に踊ることに。
a0104357_66559.jpg


以前、地方隊員が言っていたっけ。
田舎のほうに行くほど、新しいことに触れる機会が少ない。
だから、こちらから出向いくことで、
新しいことを知り、
そして「新しく知ること」を「喜び」にかえてほしいって。


人は生まれるときに何も選ぶことができない。
でも、満たされた環境に生まれても、そうでなくても、輝く人はいるんだな。
それって、どれだけのものを自分に吸収できるかっていうことでもある。
もし、自分がそういうきっかけになれるのなら、こんなにステキなことってないかも。
[PR]
by chiyoism10 | 2008-10-08 06:12

<< NICAの観光地・ついに訪問      小谷家二人がNICAにやってきたっ! >>

JICA青年海外協力隊平成19年度1次隊でニカラグアに派遣・活動中です。隊員活動や任地の様子についてつづっています。
by chiyoism10
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
Skypeボタン
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧