NICARAGUA通信


NICAの観光地・ついに訪問

サーフィンのメッカ、San Juan del Sur に行ってきました。
a0104357_6234176.jpg

海まで歩いていける距離に小ぢんまりとした町があり、
外国人が長期滞在でゆったり休暇を過ごしている。
全然海くさくなく、全然ニカラグアくさくない。

なんでだっ!?
a0104357_626638.jpg

出てくる料理がおいしい…のは、私の場合どこでも同じだけど、
違うのは出てくるまでにかかる時間。
通常大人数で注文すると小一時間かかっても文句は出ないが、
NICA色の薄いこの町はおいしさも調理時間も文句なし。
a0104357_6314698.jpg
サーフィンのメッカに遊びに行って、水着を忘れたCHIYOは、
ビーチで久しぶりのフリスビー。
(ロングとサイドスローの腕が大分落ちてたよ…)
仲間達をフリスビーの魅力に引き込むことには成功しました。

今回はこれまた久しぶりの同期旅行。
できる子たちが19-1記念手作りTシャツを作ってくれましたっ!!
a0104357_6334793.jpg

今度の安全対策会議では、19-1の仲のよさを、このおそろいTシャツでアピールする予定です。(いや、本当に仲がいい。この隊次で本当によかったもの。)

ここからが本題。
海に水着を忘れていくほどボーっとしていたのには理由がある。
今回のテーマは『亀』。
サーフィンのメッカは、中米でも有数の亀の産卵スポットでもあるのだっ!!
a0104357_6371122.jpg

ワゴン車に揺られること1時間半。
途中座っていた椅子が折れ、車が揺れるたびにそこにおしりをはさまれるというハプニングにも耐えた同期隊員。
もう歌といえば「もしもしカメよ」しか思い浮かばない同期隊員。
楽しい仲間達とビーチでカメを待つこと約3時間。
キタ~~~~!
a0104357_6424366.jpg
a0104357_6431737.jpg

海ガメの卵って、ピンポンだまみたいに丸いんです。
それでちょっと柔らかいんです。
それを何十個も産んで、
そのあと短い後ろ足で砂を書いて穴を埋め、
またまたその短い足で「パンパンッ」と音がするほど踏み固めるんです。
出産後で相当疲れているだろうに、
海に帰るときにも自分がいた形跡が残らないように
足跡を消しながら、迂回しながら、海に向かうんです。

母の力ってすごい。
生命を送り出すって、すごいことなんだな。
子ガメが卵から孵って海に向かうのは45日後らしい。
送り出された命がどんな風にたくましく生きていくのか、それも見たいなぁ。

いつも頼りになる同期のみんなとの旅行。
なかなか全員集合とはいかないけれど、
残された半年も、
これからの人生でも、
いっぱいいっぱい助けあって輝いていきたいな。
[PR]
by chiyoism10 | 2008-10-08 06:54

<< デビューも間近なのでは?      『きっかけ』を作る人 >>

JICA青年海外協力隊平成19年度1次隊でニカラグアに派遣・活動中です。隊員活動や任地の様子についてつづっています。
by chiyoism10
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
Skypeボタン
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧