NICARAGUA通信


人生の岐路と選択肢

ホームスティ先に一緒に住んでいるCristhiamの卒業式に「お呼ばれ」。
左からCristhiamのMama、Cristhiam、Cristhiamのおばさん夫婦(私の大家さん)

私もNICA生活最高レベルのおしゃれをして行ってにもかかわらず、カメラ係に専念。
a0104357_521847.jpg

Cristhiamは22歳の歯学部生。

10月29日(水)、
5年間の学業を修め、この日立派に大学を卒業。
今は今後の進路に迷い中。
もう少し学問を修めるか、スペインへ留学するか、働くか、まだ決まっていない。
日本だったら、多くの人が卒業と同時に進路を決定してる。
実現できず宙ぶらりん状態のこともあるけれど、
少なくとも「何をしたいか」を心に抱いて不安ながらも社会に出て行くんじゃないかな。
Nicaraguaでは、その宙ぶらりん状態のままの人が多い気がする。

少し前にこう言っているのを聞いたことがある。
NICARAGUAで学問を修めても、ほかの国のレベルと比べるととても低い。
それは医学や法律においても同じ。
この国で学位をとっても通用しない。

実際にこの国で学問を修めながら、世界に触れるとそのように感じるのだろうと思う。
だからこそCristhiamも働くべきか、さらに勉強するべきか悩んでいる。
でも実際に大学で学べる機会を得ることができたのは、
生活がある程度保障されている家庭に生まれたからこそ。
多くの人は大学どころか中学部を卒業することもできない。
かと言って、みんなが苦しい顔をして生活をしているわけではない。
自分の家族に精一杯の愛情を注いで、
「私は幸せよっ」て、ニコニコしながら生きている人はいっぱいいる。

ずっと昔に読んだ本。
人が生きる理由は、その生を終えるときに
「あぁ、しあわせな人生だった」と思えるようにするためだ


幸せを比べることはできないし、その必要もない。
だからこそ全部が自分次第。
輝く笑顔で「私は幸せよっ」て言うおばちゃんは、最高に美人だもの。
[PR]
by chiyoism10 | 2008-11-04 05:42

<< 在外日本人を刺激するもの      なんだろう、このかわいさっ! >>

JICA青年海外協力隊平成19年度1次隊でニカラグアに派遣・活動中です。隊員活動や任地の様子についてつづっています。
by chiyoism10
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
Skypeボタン
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧