NICARAGUA通信


León 鹿の島

a0104357_2553495.jpg

もうすっかり通いなれたLeónの海に、穴場スポットが!!
その名もJoan Venado島
そこは、かつては浜辺だった場所が海流により分離されたように、ビーチに沿った細長い島。
仲間と一緒にモーターボートをチャーターし、マングローブ散策に。
a0104357_256580.jpg

a0104357_2565954.jpg

乾季の始まりの時期だったため、マングローブの根もよく見えた。
サギやワニも見えた。
LeónはNICARAGUA内では都会であるため『自然がいっぱい』とはいえないと思っていたけど、こんな任地のすぐそばに自然豊かなゆったりとした場所があったなんて。
それを感じられただけでも、来た甲斐があるな。

そして目の前には海があるのに、
泳がないわけにはいくまい。
…走らないわけなにはいくまい(?)。
a0104357_32466.jpg

遠浅のビーチで、引き潮の時には水がたまって温泉のようになる場所も。
木陰で海を見つめながら飲むRON(いわゆるラム酒)も最高。
すっかりリラックスムードでいったん宿に戻り、再度夕食に出かけた。
a0104357_363221.jpg

夕方になっても、地元の子ども達は海に入る。
家から出てきて服のままさらりと海に入ったり、
ビーチでサッカーをして汗をかいたら水浴びをしたり、
お風呂代わりに入ったり、
海は人々の生活の一部だ。
a0104357_395272.jpg
そして、そんな彼らの横で私たちは晩御飯をおいしくいただいたのです。
NICAのご飯は本当においしい。
メタボ一直線だけどね。

そして日も落ち、暗くなった頃今回の島巡りツアーのもうひとつのイベント
カメを見よう会開始!!
なんどでも見たいカメの産卵。
こんな近くで見られるならシメたもの!
再びボートに乗って、昼間行った場所へ移動・・・しかけたら、
ボートのにいちゃんがもう帰ってしまっていた026.gif
どうするんだ!?あきらめるのか。
いやいや、こんなチャンスを逃す手はない。行こうではないか。
ということで、とりあえず手漕ぎのボートで島に渡り、そこから歩くことに。
そこで大ハプニ~~ング★
船頭さんも入れた5人の重みに絶えかね、いやバランスを取りそこね、船が転覆!!
a0104357_3193317.jpg早めに危機を察知したCHIYOはなんとか半身濡れに抑えたものの、カメへのテンションが一気に下がるのは抑えられない。私達の惨事を目の当たりにしたほかのメンバーは、おそらくNICA生活で一番の緊張感を持って静かにボートの上でバランスを取るのに集中する。しかし私達濡れ組の願いもむなしく、…いえ祈りが通じ、その後は沈没することもなく無事に渡航成功038.gif

さあ、あとはカメに向かって歩くのみ!
・・・1時間経過。
・・・まだたどり着く気配なし。
・・・え~~っと、本当にカメは来るのですか?
私達の疑惑に感づいたNICA人ガイドからステキな提案。
『ここで焚き火をしながら待つわがままグループと、
 カメ探し続行がんばり屋グループに分かれましょう』

CHIYOはもちろんわがままグループ。
カメはとりあえず、一回見たからよいことにしよう。
焚き火でぬれた服と心をあたためよう。
と、自分に言い聞かせる。
そしてこの焚き火がまたすばらしかった。
a0104357_337714.jpg

結局カメは見られなかったけど、
Leónの知らなかった一面と初めてのマングローブも体験できた。
みんなでRONを飲みながら、同期だけでなく違う隊次の仲間ともゆったり話せた。
こういう時間って、やっぱりいいな。
[PR]
by chiyoism10 | 2008-11-29 03:41

<< Cumplir      『血が騒ぐ』!? >>

JICA青年海外協力隊平成19年度1次隊でニカラグアに派遣・活動中です。隊員活動や任地の様子についてつづっています。
by chiyoism10
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
Skypeボタン
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧