NICARAGUA通信


<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧



なんだろう、このかわいさっ!

日曜日のこと。
同任地隊員のチエちゃんが通うダンス教室に見学に行ってきた。
この教室には、私の学校の子どもも3人通っており、
以前から『いつ来るのぉ~』と、お誘いを受けていた。
a0104357_5414680.jpg

かわい~~ぃemoticon-0169-dance.gifemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0169-dance.gif
ちっちゃい子グループは、NICARAGUAの主食であるとうもろこしをテーマにしたダンス。
頭に担いだかごに、本番ではとうもろこしから作った食材を入れて踊る。
それにしても、ニコニコの笑顔emoticon-0100-smile.gifで、クリクリと踊る子ども達のかわいいこと!
a0104357_5472135.jpg

続いて、お姉さんのグループ。
こちらはNICARAGUAの有名な曲にあわせてしっとりとした踊り。
よ~~く見るemoticon-0104-surprised.gifと日本人もまぎれている。
あっ、チエちゃんだっ!

最後には外国人も何人か集まって(私達も外国人だけど)、
サルサやバチャータ、レゲトンなどのラテンならではのリズムでダンス。
10歳そこそこの女の子の腰つきに私は釘付け!!
近々発表会もあるそうなので、先生も厳しく指導に当たっておられたが、
子ども達から離れると『普通のやさしいお姉さん』に戻るのは、
どのNICARAGUA女性にも共通している。
このギャップに私はいつも影で大ウケemoticon-0136-giggle.gif
またこの先生にも会いたいし、ダンスも楽しかったし、

子どもたちともいつもよりゆっくり話せたし、チャンスがあったらまた一緒に行ってみよう。
a0104357_5543480.jpg

[PR]
by chiyoism10 | 2008-10-28 05:54


日本とNICARAGUAの架け橋

平成21年度。
日本で私が所属している小学校は
文部科学省から「全国道徳大会」の研究発表校に指定されています。
10月23日(日本時間)にそのプレ大会が行われ、
5年1組の授業にゲストティーチャーとして参加させていただきました。
方法はいつものようにスカイプで。
a0104357_5105719.jpg

連絡がなかなかとりにくく、授業者の先生にご心配をおかけしましたが、
本番はなんとか無事に大成功。
『日本とアメリカの架け橋』という道徳教材から、
駐日アメリカ大使のライシャワー氏の生涯をもとに
「互いのことを思う気持ちが国際理解・親善の心を育てる」
というねらいの学習活動でした。
私の出番は授業の週末部分で
「実際に外国で活動しながら、日本とNICARAGUAの架け橋となることをどんなふうに感じているか」
ということを、子ども達に伝えること。
伝える内容もさることながら、
顔が見えるといっても実際には子ども達は目の前にいないわけで、
その時間、子ども達がどんな流れで、どんなことを考えてきたのかをつかみ取れない中で
大切な授業の週末部分で話をする、というのはものすごい責任を感じました。
しかも授業者は私ではないのです。
いただいた指導案を読み込んで、子ども達がどんな風に感じるだろうかを予想して、
これまでに行ってきた子ども達とNICARAGUAとのかかわりを思い起こして、
自分の経験から子ども達に伝えたいことをまとめて・・・。
1本の授業に、
いえ自分が話す10分にここまで集中したのは久しぶりのことでした。
(日本語でというのも久しぶり)

実際に子ども達に伝えたことは、こんな感じです。
・日本の支援はNICARAGUAで認められており、
 それによって私も気持ちよく受け入れられていること
・だからいつも『健康』『相手を受け入れること』『日本人としての自覚』を心がけていること
・どんな時にも目の前の子ども達や先生からたくさんのパワーをもらって、
 前向きな気持ちでがんばれていること
・日本のみなさんが文房具や手紙を送って、『自分にできること』を実行したことが、
 NICARAGUAの友達に「友情」という温かい心を届けてくれたこと

短い時間でしたが、私なりに精一杯の気持ちを伝えたつもりです。
今回一緒に学習をした5年生は、私が帰国したとしには6年生。
日本に帰ってから、この日のことについてゆっくり話がしてみたいものです。
最後に、私をゲストティーチャートして迎えてくださり、
このようにすばらしい機会を下さった長田先生にとても感謝しています。
a0104357_5344418.jpg

[PR]
by chiyoism10 | 2008-10-28 05:35


デビューも間近なのでは?

伝説のNICARAGUAの音楽バンド"NICAPON"の活動についてご報告します。

どうだぁ~~!
a0104357_4573920.jpg

少し前に、Chichigalpaという町のイベントに招待されたときの様子です。
あまりに大きな舞台と、観客の多さに大興奮!!(観客は1500名を超えたとのこと。)
金輪際こんな舞台で演奏することはないかもしれない、
いやこれを越える舞台で歌うんだっっっ、
と、各自突っ込みあいつつ、記念に写真をとりました。

現在は次回の路上ライブに向けて個人練習とスペイン語翻訳に取り組み中。
また後日報告します。
[PR]
by chiyoism10 | 2008-10-28 05:01


NICAの観光地・ついに訪問

サーフィンのメッカ、San Juan del Sur に行ってきました。
a0104357_6234176.jpg

海まで歩いていける距離に小ぢんまりとした町があり、
外国人が長期滞在でゆったり休暇を過ごしている。
全然海くさくなく、全然ニカラグアくさくない。

なんでだっ!?
a0104357_626638.jpg

出てくる料理がおいしい…のは、私の場合どこでも同じだけど、
違うのは出てくるまでにかかる時間。
通常大人数で注文すると小一時間かかっても文句は出ないが、
NICA色の薄いこの町はおいしさも調理時間も文句なし。
a0104357_6314698.jpg
サーフィンのメッカに遊びに行って、水着を忘れたCHIYOは、
ビーチで久しぶりのフリスビー。
(ロングとサイドスローの腕が大分落ちてたよ…)
仲間達をフリスビーの魅力に引き込むことには成功しました。

今回はこれまた久しぶりの同期旅行。
できる子たちが19-1記念手作りTシャツを作ってくれましたっ!!
a0104357_6334793.jpg

今度の安全対策会議では、19-1の仲のよさを、このおそろいTシャツでアピールする予定です。(いや、本当に仲がいい。この隊次で本当によかったもの。)

ここからが本題。
海に水着を忘れていくほどボーっとしていたのには理由がある。
今回のテーマは『亀』。
サーフィンのメッカは、中米でも有数の亀の産卵スポットでもあるのだっ!!
a0104357_6371122.jpg

ワゴン車に揺られること1時間半。
途中座っていた椅子が折れ、車が揺れるたびにそこにおしりをはさまれるというハプニングにも耐えた同期隊員。
もう歌といえば「もしもしカメよ」しか思い浮かばない同期隊員。
楽しい仲間達とビーチでカメを待つこと約3時間。
キタ~~~~!
a0104357_6424366.jpg
a0104357_6431737.jpg

海ガメの卵って、ピンポンだまみたいに丸いんです。
それでちょっと柔らかいんです。
それを何十個も産んで、
そのあと短い後ろ足で砂を書いて穴を埋め、
またまたその短い足で「パンパンッ」と音がするほど踏み固めるんです。
出産後で相当疲れているだろうに、
海に帰るときにも自分がいた形跡が残らないように
足跡を消しながら、迂回しながら、海に向かうんです。

母の力ってすごい。
生命を送り出すって、すごいことなんだな。
子ガメが卵から孵って海に向かうのは45日後らしい。
送り出された命がどんな風にたくましく生きていくのか、それも見たいなぁ。

いつも頼りになる同期のみんなとの旅行。
なかなか全員集合とはいかないけれど、
残された半年も、
これからの人生でも、
いっぱいいっぱい助けあって輝いていきたいな。
[PR]
by chiyoism10 | 2008-10-08 06:54


『きっかけ』を作る人

お隣のChinandega県Guanacastal地区に出かけて、
プチ文化紹介イベントをしてきました。

市内から2,3kmと聞いていたけれど、なにがなにが!
a0104357_551231.jpg

こんな川を越えて、たどり着きました。

そもそもこのイベントをすることになったきっかけは、
趣味で始めた路上ライブ活動(その名もNICAPON)を見ていたニカラグアのNGO団体から、『一緒に仕事をしたい』とスカウトされたのが始まり。
この地区の生活の保障や活性化のサポートに取り組んでいるこの団体、住民のモチベーションを高めるきっかけがほしいということで仕事を依頼されたのです。

小さな小学校に住民を集めて、さあイベントの始まり!
① 世界地図を使って『日本ってどこにあるの?』『どんな国なの?』
  というところから知ってもらいました。
② 日本の文化…特に文字の成り立ちについてクイズを交えながら学びます。
a0104357_5572390.jpg

「牛」「馬」「魚」などの文字も、成り立ちを想像しながらそういう意味の感じなのかを考える…。
大人も子どもも結構ノリノリ。

「私、もう日本人じゃ~ん。」
なんて冗談交じりに言う人も出てきたりして。
a0104357_6165780.jpg

③ NICAPONライブ
  この日もスペイン語と日本語とを交えながら数曲披露。
  メッセージ性の高い「世界にひとつだけの花」は、
  どこで歌ってもみんなが好きになってくれる。

④ よさこいソーラン節
  8人でよさこいを披露。
  小さい舞台だからこそ観客が間近に感じられて、大きな舞台にはない緊張感がある。
  NICA人から「一緒に踊りたい」という声が上がり、急遽一緒に踊ることに。
a0104357_66559.jpg


以前、地方隊員が言っていたっけ。
田舎のほうに行くほど、新しいことに触れる機会が少ない。
だから、こちらから出向いくことで、
新しいことを知り、
そして「新しく知ること」を「喜び」にかえてほしいって。


人は生まれるときに何も選ぶことができない。
でも、満たされた環境に生まれても、そうでなくても、輝く人はいるんだな。
それって、どれだけのものを自分に吸収できるかっていうことでもある。
もし、自分がそういうきっかけになれるのなら、こんなにステキなことってないかも。
[PR]
by chiyoism10 | 2008-10-08 06:12

    

JICA青年海外協力隊平成19年度1次隊でニカラグアに派遣・活動中です。隊員活動や任地の様子についてつづっています。
by chiyoism10
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
Skypeボタン
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧